オーストラリアの指標ラッシュが終わりました

オーストラリアの指標ラッシュが終わりました 

オーストラリアの指標結果が出揃ったので、まとめておきます。

やはり、インベスコの豪債ファンドを保有しているので、指標結果は気になりますね(´∀`)

 

にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

応援クリックお願いします m(_ _)m

 

指標結果はこんな感じ。

トータルでは概ね良好のような。

日付指標名前回
(修正値)
予想結果
12/2(豪) 10月住宅建設許可件数 [前月比]-11.0%
(-11.2%)
+5.0%+11.4%
12/2(豪) RBAキャッシュターゲット2.50%-2.50%
12/3(豪) 第3四半期GDP [前期比]+0.5%+0.7%+0.3%
12/3(豪) 第3四半期GDP [前年比]+3.1%
(+2.7%)
+3.1%+2.7%
12/4(豪) 10月小売売上高 [前月比]+1.2%
(+1.3%)
+0.1%+0.4%
12/4(豪) 10月貿易収支-22.61億AUD
(-22.35億AUD)
-18.00億AUD-13.23億AUD

 

住宅市場はバブル気味ですが、政策金利は据え置かれました。
依然、要人の豪ドル高牽制発言も続いています。

 

現況はこんな感じでしょうか。

 

資源価格下落の影響が大きく、インフレは抑制気味。

住宅市場は過熱気味だが、まだまだ低金利(政策金利)を維持する必要ありか。

緩和的政策継続により、債券利回りは低下(債券価格は上昇)。

結果、オーストラリア国債10年は、史上最低金利に限りなく近い水準に。
(2014年12月03日 終値)3.098%

 

以上から予見できる豪債ファンドの将来展望。

・インカム(金利収入)は低水準を維持。
・基準価額の下落は緩やか。(債券価格が高水準を維持するため)
・為替差益はプラス方向に作用(円安進行のため)
・日本、欧州、中国の緩和政策はプラス方向に作用(豪州も緩和を余儀なくされるため)
・米国のゼロ金利解除(豪ドル安を円安で相殺か?)

 

マイナスに作用しそうなのはインカムの低水準ぐらいでしょうか。
しばらくは債券高が続きそうな気がしますね。

 

まとめ。
豪債への投資は、まだ安泰!
ただし都合の良い予想が当たればですがw

 

これまでの、分配金の推移と総額

利用している証券会社

SBI証券

 

にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

応援クリックお願いします m(_ _)m

 

関連する記事はこちら

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

  • スポンサーリンク

  • 人気のシストレはコレだ!

  • リベート率 NO1

  • 月別アーカイブ

  • ブログ村