今日は「インベスコ豪債」の決算日ですね

今日は「インベスコ豪債」の決算日ですね 

この投信、名前が長いので「インベスコ豪債」に縮めました。

「インベスコ-インベスコ オーストラリア債券ファンド(毎月決算型)」

これ全部書くと、たぶんトップページのタイトル表示がくずれますw

今日は特に記事のネタもないので、このファンドにかける希望的観測でも買いときます。

 

にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

応援クリックお願いします m(_ _)m

 

希望はずばり、資金回収をしつつ、年5%ていどの利益を上げること!

※評価額は小さくなっていくので、年5%の利益も相対的に減ることを想定。(たぶん減配あり)

 

まずは、なんでこの銘柄を選択したかってことを箇条書きに。

・資金の流入が多い

・先進国の債権

・資金回収ペースが速い(分配額が多い)

 

簡単に言うと利益も多少は期待していますが、あまりリスクを取りたくないのでこれを選択した感じでしょうか。

 

ちなみにチンパンのリスクのイメージはこんな感じ。

投資しない:リスクゼロ(とりあえず機会損失の概念は無視)

市場にさらす期間:長いほどリスクが高まる

市場にさらす資金:大きいほどリスクが高まる

 

このイメージをこの投信にあてはめると。

こんな感じか。

 

・市場にさらす期間
現在の分配ペースなら、4年未満で回収可能。
いずれ減配になる可能性が高いので、最初の2年ぐらいで半分は回収しておきたいところ。
長くても6年以内には決着がついていることを期待。
※投入した金額は800万円ぐらい。
※4年間の分配金合計:864万円
 

・市場にさらす資金
とりあえず基準価額が上昇するイメージはもっていません、下げ前提でw
特別分配が4年続いたと仮定すると、取得単価は150円×48ヶ月分下がります。
計算すると、7,200円です。
現在の基準価額は6,300円ぐらいなので、引くとマイナスになっちゃいますねw

 
これは、ありえないとしても、かなり減っていることは想像できます。
とりあえず、基準価額が半分になれば、市場にさらす資金も半分になるということです。

 

で、最後にこの投信のキモ。

下落率をみてみます。

※レーティング&リスク(モーニングスター)

最大は、期間6ヶ月の34.81%、年間だと31.11%が最大になります。

 

簡単なイメージですけど、1万円で買ったものが、1年後には7千円ぐらいにってことですねw

 

ちなみに、この投信の現在の基準価額は6,309円。
最大に近い30%の下落があったとすれば、来年の今頃は4,416円ってことに。

 
分配金との関係はこんな感じ。
6,309円-4,416円=1,893円(基準価額の下落額)
150円×12ヶ月=1,800円(年間の分配金合計)
下落額の方が多いですが、ほぼトントン。

 

総括すると、現在の分配ペースなら下落率が30%以下なら、少しは利益がでますよってことです( ・∀・ )アヒャ

ただ、市場に予期せぬクラッシュなどがあれば、この希望的観測はしおしおのぱーとなりますw

 

リートは現在おとなしめですが、やはり債券に比べれば暴れん坊ですからね。

とりあえず、債権の分だけは回収を早めたいと思います。

 

にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

応援クリックお願いします m(_ _)m

 

関連する記事はこちら

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

  • リベート率 NO1

  • 月別アーカイブ

  • ブログ村